貯水槽清掃

人間が生活していく上で日々使用する水は、安全・安心な状態に保たれなければなりません。
給水設備を衛生的に保つことは、飲み水や生活用水として使用する人々の健康を守るために必要不可欠です。
当社では貯水槽清掃の定期案内、清掃消毒作業、不良箇所があった場合の報告、水質検査など、給水設備の
管理に必要となるサービスを行っており、貯水槽清掃監督者の資格を持った技術スタッフが現場対応します。

貯水槽清掃 図1
貯水槽清掃 図2
貯水槽清掃 図3
清掃の義務

貯水槽は水道法第34 条で、毎年1回以上の清掃点検が法的に義務づけられています(有効容量が10m3以上)。
10m3以下の小規模な受水槽については、法的な義務はありませんが、簡易専用水道に準ずる指導がされています。
(地方自治体の条例で、管理基準が定められている場合があります)また総床面積(3000m2以上のビル)においても
建築物環境衛生管理基準によって毎年1回以上の清掃点検が義務づけられています。

飲料水で使用される貯水槽だけではなく、各種水槽も清掃の必要性があります。
清掃可能な水槽の種類 : 井水槽・雑用水槽・貯湯槽・消火水槽・温泉槽・冷却水槽など

貯水槽の各種修繕

長年使用し続ける貯水槽は、経年劣化に伴い様々なトラブルが発生します。
当社では貯水槽におけるトラブルについて、改善するための修繕なども行っております。

修繕対応例

錆びた電極の交換

水槽内で錆びついてしまった電極を新品に交換する事で、異常な警報がなくなり水質汚染を予防します。

錆びた電極の交換 図1
錆びた電極の交換 図2
錆びた電極の交換 図3

貯水槽の水位変更工事

給水使用量の減少に伴い、新しい水への入れ替わりに時間を要し、遊離残留塩素が保持できなくなった
貯水槽に対し施工する事で、衛生的な水質を維持できます。

貯水槽の水位変更工事 図1
貯水槽の水位変更工事 図2

貯水槽内気相部ボルトの交換

水槽内パネル接合ボルト部は飲料水の消毒用に使用されている塩素により腐食が生じます。
腐食部から水槽内へ錆が落ち、水質の悪化や水槽自体の強度不足の原因となります。こうしたトラブルを
未然に防ぐため、清掃と合わせてボルト・ナットの交換を行います。

貯水槽内気相部ボルトの交換 図1
貯水槽内気相部ボルトの交換 図2

災害時用給水栓の増設

地震や台風といった災害発生時、停電による断水にも対応できる災害時用給水栓の増設が出来ます。
現在設置中の貯水槽配管に対して増設ができます。短い断水時間で当日中の増設が可能です。

災害時用給水栓の増設 図1
災害時用給水栓の増設 図2

給水管等の洗浄

一般住宅、事務所、集合住宅、特定建築物、船舶等の給水配管について高周波洗浄を行っております。

配管内高周波洗浄のご案内(PDF)

排水管洗浄

図1
図2
図3

高圧洗浄、薬品等による排水管の洗浄を行っております。

排水管の清掃は、衛生的な生活をおくる上で、また、建築物の管理においても大変重要なことです。 快適な環境を保つため、年1回定期的に実施するなど計画的な清掃をおすすめいたします。

詳しくはこちら 排水管清掃のご案内(PDF)

浄化槽管理

浄化槽管理 メイン図1

各種浄化槽の点検、清掃、維持管理を行っております。

定期点検の中で発見する設備の不具合についての対応から、経年劣化により故障した部品交換等の提案まで、水質悪化を未然に防ぐ対応を行います。

浄化槽点検時に発見する不具合対応例

・経年劣化に伴う浄化槽部品交換

浄化槽管理 図1

配管部チャッキ弁

浄化槽管理 図2

浄化槽内水中ポンプ

浄化槽管理 図3

浄化槽内フロートスイッチ

浄化槽維持に必要な部品は、経年劣化で破損してしまう事があります。
破損した部品は修繕または交換を提案し、お客様からの依頼について対応します。

その他の対応例はこちら

簡易専用水道検査

図1
図2

事業所、学校、集合住宅等について、水道法34条に基づく簡易専用水道の管理の検査を行っております。

詳しくはこちらのPDFをご覧ください。

検査のお申込み・お問い合わせ

下記書類をご用意の上、お電話・FAXにてお気軽にご連絡ください。

現場検査
提出書類検査

簡易専用水道検査外部精度管理調査について (一般社団法人全国給水衛生検査協会HP抜粋)

・ 趣旨及び目的
水道法第34条の2第2項の規定に基づく簡易専用水道検査機関においては、外部精度管理調査を定期的に
受けることが求められていますが、国において直接的に当該調査を実施することは行われておらず、一般社
団法人全国給水衛生検査協会が自主的に実施する簡易専用水道検査外部精度管理調査事業に委ねられ
ている状況にあります。
精度管理に関する社会的な関心の高まりの中で、簡易専用水道検査の精度管理についても、民間での
自主調査事業に対する公的性格の付与が求められています。

・主催   一般社団法人全国給水衛生検査協会

・後援   厚生労働省医薬・生活衛生局水道課

令和元年度簡易専用水道検査外部精度管理でS評価の登録をいただきました。 (厚労省登録番号132)

令和元年度  S評価登録機関一覧:簡易専用水道検査外部精度管理調査結果

平成30年度 S評価登録機関一覧:簡易専用水道検査外部精度管理調査結果

平成29年度 S評価登録機関一覧:簡易専用水道検査外部精度管理調査結果

地下タンク漏洩検査

図4図5図6

地下に油等の危険物等を貯蔵するタンク、埋設された配管について漏洩検査を行っております。

地下貯蔵タンク・地下埋設配管の危険物に接する全ての部分について、漏れの点検が必要です。地下タンク等の検査については、お気軽にお問い合わせください。

地下タンク・地下埋設配管の漏れ点検のご案内(PDF)

地下タンク等認定点検 事業者認定証

〇地下タンク等認定点検 事業者認定証

 一般財団法人全国危険物安全協会より、適切な点検を実施できる体制であることを認定いただいております。